新横浜駅徒歩1分の婦人科クリニック 低用量ピル・子宮頸がん検査・生理のお悩み検査・治療

横浜市港北区新横浜3-6-1  SRビル5階

診療時間:10:00~13:30/15:00~18:30(木・日・祝を除く)



JR/地下鉄ブルーライン
新横浜駅 徒歩1分


予約は要りません


 

045-471-3385

子宮頸がん検査

子宮頸がん検査の結果でクラスⅢa、ASC-US、LSIL、HSILなどと判定されて「再検査が必要と言われた」が、表記の意味がよく分からないことはありませんか。

これらは「子宮頸がんの疑い」というよりは「子宮頸部異形成の疑い」です。子宮頸部異形成とは聞き慣れない言葉ですが、簡単に言えば子宮頸がんの前がん病変です。

きちんと診断する必要がありますので、組織診など精密検査が必要となります。

子宮頸がん検査の種類

子宮頸がん検査には細胞診HPV検査組織診があります。

● 細胞診は検診で行われる最も一般的な検査です。

● HPV検査は細胞診で異常が出た場合(判定がASC-USの場合)に行われます。

● 組織診は細胞診異常やHPV検査(+)の場合に精密検査として行われます。

 

当院では細胞診、HPV検査、組織診いずれも検査可能です。

クラスⅢa、LSIL、ASC-USなど、他院で行った子宮頸がん検査の結果がよく理解できない場合はご遠慮なく結果をお持ちください。ご説明いたします。

横浜市 子宮がん検診

2016年11月より「横浜市 子宮がん検診実施医療機関」に指定されました。

「横浜市がん検診のご案内」が届いた方はご来院ください。予約は必要ありません。受付に「横浜市のがん検診を受けたい」とおっしゃって下さい。

横浜市 平成28年度子宮がん検診について

●子宮頸がんは定期的な検査で予防できます。

子宮頸がん検査を定期的に受けることで、「子宮頸がんで命を失う」こと、「子宮摘出を余儀なくされ、子供が産めなくなる」ようなことをほとんど「ゼロ」にすることができます。

細胞診

子宮がん検査と言えば子宮頸がん細胞診を指します。スクリーニング検査として最も一般的に行われている検査です。

 

検査方法:

子宮の入り口をブラシなどでこすって細胞を採取する簡単な検査です。痛みはありません。

検査結果:

NILMは異常なしを意味します。ASC-US、LSILなど、異常所見を認める場合には2次検査としてHPV検査や組織診を行います。

以前は「クラスⅠ」や「クラスⅢa」など、クラス分類で結果が表記されていましたが、2008年(平成20年)から世界標準分類としてベセスダ分類という方法で結果が表記されるようになりました。現在、ベセスダ分類クラス分類の併用表記されている施設が多くあります。

●ベセスダ分類とクラス分類の比較

子宮頸がん検査の結果は上記の様に、主に扁平上皮系細胞の異常所見が表記されます。最近増加傾向にある腺系細胞の異常所見は下記の様に表記されます。

腺系細胞の異常所見

HPV検査

細胞診の結果(ベセスダ分類)で「ASC-US」 の場合に行います。

子宮頸がん細胞診において「細胞異型」が軽度な場合はASC-USと判定されます。

その場合「腫瘍性病変」で精密検査を実施するか、「非腫瘍性病変」で経過観察をするか、判断に迷うことがあります。

両者は細胞診のみでは鑑別が困難なことがあるため、仕分けのためにHPV検査が有用となります。

検査方法:

子宮の入り口をブラシなどでこすって細胞を採取し、高リスク型HPV感染の有無を調べる検査です。

検査結果:

●高リスク型HPV(+)なら腫瘍性病変と考え→精密検査(組織診)をします。

●高リスク型HPV(-)なら非腫瘍性病変と考え→1年後細胞診再検とします。

HPV検査の有用性 

HPV検査を用いることで(特にHPV型別判定を用いることで)、異形成が進展して行くのか、消退して行くのかをある程度推測することができます。

日本人女性ではHPV16,18,31,33,35,52,58の7つのタイプで進展リスクが高いことが分かっています。

(Yokoyama M, et al :Cancer Lett 192: 171-179, 2003)

 軽度異形成 / 中等度異形成から高度異形成・上皮内癌へ進展するリスク 

軽度異形成が5年以内に高度異形成に進展するリスクHPV16,18,31,33,35,52,58の7タイプのいずれかが陽性では16.6%、れ以外では3.3%

中等度異形成が5年以内に高度異形成に進展するリスクHPV16,18,31,33,35,52,58の7タイプのいずれかが陽性では40.5%、それ以外では8.3%

(Hosaka M, et al :  Int J Cancer 132: 327-334 2013 )

●軽度異形成/中等度異形成で高リスク型HPV検査(-)を1.0倍とした場合

HPV16型(+) の場合:高度異形成・上皮内癌への進展リスクが11.1倍高くなります

HPV18型(+) の場合:高度異形成・上皮内癌への進展リスクが14.1倍高くなります

(Matsumoto K et al : Int J Cancer 128(12):2898-2910, 2011)

組織診(コルポスコープ検査+組織採取)

細胞診の結果(ベセスダ分類)でLSIL・HSIL・ASC-H・SCC

・AGC・AIS・Adenocarcinoma の場合に行います。

 

検査方法:

子宮の入り口(子宮腟部)に酢酸というお酢を付けたガーゼを1~3分程度押し当てます。これによって病変部分は白く変色します。

コルポスコープという拡大鏡(望遠鏡のようなもの)で観察しながら、白く変色した病変部分を組織の塊として数ヵ所採取します。採取する組織の大きさは米粒の1/3くらいの塊です。

※検査後は組織採取部位から出血がありますので止血剤処置をしております。

検査が必要と思われる方はナプキンをご持参下さいますようにお願いいたします。

検査結果:

軽度異形成、中等度異形成、高度異形成、上皮内癌、扁平上皮癌、腺癌などの診断が確定します。

軽度異形成は1年以内に自然消失する場合が多いため経過観察としますが、1年以上軽度異形成が継続する場合は治療の対象になることがあります。

中等度異形成は進行することもあるため注意して経過観察をしますが、必要により治療することもあります。

高度異形成は癌へ発展する場合が多いため、手術療法が必要になります。また、上皮内癌、扁平上皮癌、腺癌と診断された場合にも経緯を含め、病院へ紹介状を作成します。

  診療日 / 診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 10:00~13:30
午後 15:00~18:30

休診日

木曜日・日曜日・祝日

土曜日の初診の方

お電話でご予約をお願いいたします。
(他の曜日はご予約不要)
ご予約受付時間(診療日)
10:00~13:30
15:00~18:30

   アクセス

住所

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-1SRビル5階

 新横浜駅  徒歩1分
JR新横浜駅
北口改札を出て右に曲がり『横浜アリーナ方面出口』階段を降りたらすぐ正面のビル
横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅
『出口3A』のエスカレーターを登ったら左のビル
デイリーヤマザキが1階にあります。