新横浜駅徒歩1分の婦人科クリニック 低用量ピル・子宮頸がん検査・生理のお悩み検査・治療

横浜市港北区新横浜3-6-1  SRビル5階

診療時間:10:00~13:30/15:00~18:30(木・日・祝を除く)



JR/地下鉄ブルーライン
新横浜駅 徒歩1分


予約は要りません


 

045-471-3385

アフターピル   (緊急避妊ピル)

アフターピル(緊急避妊ピル)

アフターピル(緊急避妊ピル)とは避妊に失敗した、または避妊せずに行った性交後72時間以内に緊急的に用いるもので、計画的に妊娠を回避するものではない最後の避妊手段です。

妊娠の不安を抱えて次の生理が来るまで過ごすのはつらいことです。今できるアフターピル(緊急避妊ピル)のことをご相談下さい。

当クリニックではヤッペ法とノルレボ法いずれも処方しております。

アフターピル(緊急避妊ピル)が必要なとき

●避妊をしない性交後

●コンドームが破れたり外れたりした場合

●低用量ピルの内服忘れや下痢などによるピルの吸収障害

●腟外射精など

 腟外射精は避妊法の一つではありません。腟外射精のパール指数は22%といわれています。すなわち1年間に100人のうち22人(約4人から5人に1人)が妊娠するということです。腟外射精があった場合は避妊しなかったと場合と同じ対処が必要です。

アフターピル(緊急避妊ピル)の作用機序

アフターピルの作用機序は十分に解明されていませんが、その効果は主に着床の阻害よりも排卵の抑制あるいは排卵の遅延によるものと考えられています。

アフターピル(緊急避妊ピル)の種類

ヤッペ法

ホルモン配合剤(卵胞ホルモン+黄体ホルモン)を内服する方法。

ヤッペ氏らが1977年に発表した緊急避妊方法です。

ノルレボ法

レボノルゲストレル(黄体ホルモン)を内服する方法。

レボノルゲストレルによる緊急避妊法は、WHOによって実施された2回の国際大規模多施設共同臨床試験の結果から次の2点が明らかになりました。

 レボノルゲストレルによるプロゲストーゲン単独療法はヤッペ法に比べて緊急避妊の効果が高く、安全性にも優れている

 レボノルゲストレルの用法は1回投与での適用が可能である。

日本では20115月から発売されました。

ヤッペ法とノルレボ法の効果の比較

ヤッペ法

ノルレボ法

登録例数

997

1,001

妊娠例数

31

11

非妊娠率

96.8%

98.9%

妊娠阻止率

57%

85%

 

 

 

 

 

 

 

 

WHO 1998年試験  Lancet352428-4331998

 

非妊娠率とは生理周期に関係なく内服した時の妊娠しなかった割合

妊娠阻止率とは:生理周期から妊娠の可能性がある時期に内服した時の妊娠しなかった割合

 

ヤッペ法、ノルレボ法どちらを内服するか最終的には患者さんに選択してもらっていますが、当院では緊急避妊効果がより高く、より副作用の少ないノルレボ法をお勧めしています。

妊娠の可能性のある時期(排卵日前後)に避妊のない(避妊に失敗した)場合、きちんとアフターピルを内服してもヤッペ法では10人のうち4人、ノルレボ法でも10人に1から2人は妊娠が継続してしまいます。

アルターピルはあくまでも緊急的な処置です。コンドームが破れた!と慌ててアルターピルを内服するより、日頃からきちんと避妊することが大切です。

低用量ピルはきちんと内服すればほぼ100%の避妊効果があります。

アフターピル(緊急避妊ピル)の内服方法

ヤッペ法

ホルモン配合剤ピル(エチニルエストラジオール+ノルゲストレル)を性交後72 時間以内に錠内服し、さらにその12 時間後に錠内服する。

ノルレボ法

レボノルゲストレル(ノルレボ)という黄体ホルモン剤(150mg)を性交後72 時間以内に1回内服する。

アフターピル(緊急避妊ピル)の副作用

ヤッペ法の副作用は吐き気ですが、ノルレボ法では服用後の吐き気はほとんどみられず服用者の3.6%に悪心が認められた程度です。

アフターピル(緊急避妊ピル)を内服した後は

妊娠が回避できたかどうかの判定

アフターピル内服後は、80%以上の女性が予定生理日の前、または2日後以内に生理様出血があり、95%が予定生理日の日後以内に生理様の出血があります

アフターピル内服後、生理様の出血が来るまでは性交渉は控えましょう。

生理様の出血が、予定生理日より日以上遅れたり、あるいは通常より軽い場合にはご来院ください。ご自分で市販の妊娠反応チェッカーを用いることも可能です。

市販のチェッカーを選ぶ場合、妊娠反応に敏感なhCG 25IU(25単位)のものを用いるようにして下さい(当院では25IUを使用)hCG 50IU(50単位)以上の鈍感なタイプでは妊娠していても性交後3週間以上経たないと反応が出ないことがあるので注意が必要です。

妊娠が回避できたとき

妊娠が回避できたときは、今後は確実な避妊方法をとらなければいけません。のど元過ぎても暑さを忘れ無い事が大切です。

人工妊娠中絶は、女性にとって精神的身体的経済的にどれ一つとしてよいところがありません。

自分の体は自分で守ることが大切です。

●当院ではより確実な避妊のために低用量ピルをお勧めしています。

低用量ピルも副作用がまったく無い薬ではありませんが、副作用のほとんどは一過性で、なおかつ軽微です。ピルをより安全にきちんと内服いただけるようにお手伝いさせていただきます。

アフターピル(緊急避妊ピル)の費用(税込)

ヤッペ法5,000円 
ノルレボ法13,800円 

※内服指導料・処方料  1,000円

  診療日 / 診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 10:00~13:30
午後 15:00~18:30

休診日

木曜日・日曜日・祝日

土曜日の初診の方

お電話でご予約をお願いいたします。
※アフターピルのみの方は土曜日もご予約は要りません。

ご予約受付時間(診療日)
10:00~13:30
15:00~18:30

   アクセス

住所

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-1SRビル5階

 新横浜駅  徒歩1分
JR新横浜駅
北口改札を出て右に曲がり『横浜アリーナ方面出口』階段を降りたらすぐ正面のビル
横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅
『出口3A』のエスカレーターを登ったら左のビル
デイリーヤマザキが1階にあります。