新横浜駅徒歩1分の婦人科クリニック 低用量ピル・子宮頸がん検査・生理のお悩み検査・治療

横浜市港北区新横浜3-6-1  SRビル5階

診療時間:10:00~13:30/15:00~18:30(木・日・祝を除く)



JR/地下鉄ブルーライン
新横浜駅 徒歩1分


予約は要りません


 

045-471-3385

婦人科検診     ベーシック検診

婦人科検診(ベーシック検診)

女性に受けてほしいベーシックな(基本的な)検診です。

ベーシック検診はカウンセリング(問診)、子宮頸がん検査、超音波検査を行い、子宮頸がんや子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍の有無をチェックします。

20代から30代の女性に子宮頸がんが増加しています。ごく初期の子宮頸がんには自覚症状はほとんどありません。

●検診を定期的に受けることで、「子宮頸がんで命を失う」こと、「子宮摘出を余儀なくされ、子供が産めなくなる」ようなことをほとんど「ゼロ」にすることができます。

ベーシック検診の内容・検査

 カウンセリング(問診)

生理周期や生理痛の有無、病歴、薬のアレルギーなどをおうかがいします。

 子宮頸がん検査

この検査では、子宮の入り口を細い綿棒状のものでこすって細胞を採取します。痛みはありません。

 超音波による子宮と卵巣のチェック(経腟超音波)

小さな子宮筋腫卵巣腫瘍は下腹部痛や生理痛などの自覚症状がほとんどなく、発見が遅くなることがあります。

子宮筋腫が見つかった場合、すべてが手術となるわけではありません。筋腫の大きさや症状(下腹部痛や貧血)、筋腫の出来ている場所や妊娠の希望の有無により経過観察か手術療法かが決まります。

卵巣腫瘍には良性と悪性があります。良性の卵巣のう腫と考えられる場合は大きさが6cm以下であれば経過観察され、10cm以上であれば手術が考慮されます。6cmから10cmでは卵巣のう腫の種類により、経過観察か手術かを検討します。

悪性が疑われる場合は手術療法が原則です。

この検査では、子宮筋腫、卵巣腫瘍の有無などを確認します。

おすすめのオプション検査

オプションの場合は個々に検査するより費用が安くなります。

●HPV検査:

子宮の入り口をブラシでこする簡単な方法で検査します。

HPV検査を行う最大の利点は、子宮頸がん検査と組み合わせることで子宮頸がん検査の精度が非常に高くなることです

【 HPV検査には2種類あります 】

HPV検査16型・18型と他のハイリスク型のHPVの感染があるかどうかを調べる

HPV型別検査HPVのどのハイリスク型に感染しているかを調べる(16, 18,31,33,35,39,45,51、52,56,58,59,68型)

HPVについて詳しくは、ここをクリック。

クラミジア/ 淋菌検査(咽頭):うがい液で検査

性交渉の多様化で腟内だけではなく、喉にクラミジアや淋菌が感染することがあります。当院ではうがい液による検査を行いますので、検査による負担を軽減できます。また、PCR法という大変敏感な検査方法で行いますので、感染した菌が少数でも見逃すことはほとんど無くなりました。

 

※すべての結果は14日ほどで分かります。

ベーシック検診の費用(税込)

ベーシック検診10,800円

初診料 1,000円 / 結果・再診料 500円

オプション検査料金 / 個々での検査料金 (2017.1月改訂)

オプション検査料金はベーシック検診と組合せた場合の料金です。ベーシック検診と組合せない場合は個々での検査料金となります。
HPV検査6,800円 / 9,500円
HPV型別検査9,800円 / 13,800円
クラミジア検査(おりもの検査)3,000円 / 3,800円
淋菌検査(おりもの検査)3,000円 / 3,800円
クラミジア検査(喉:うがい検査)3,000円 / 3,800円
クラミジア検査(喉:うがい検査)3,000円 / 3,800円

個々での検査の場合:初診料 1,000円 / 結果・再診料 500円

その他のメニュー

生理痛や月経前症候群の治療に

あなたと大切なパートナーのために

疲れた時は頑張った自分にご褒美!

  診療日 / 診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 10:00~13:30
午後 15:00~18:30

休診日

木曜日・日曜日・祝日

   アクセス

住所

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-1SRビル5階

 新横浜駅  徒歩1分
JR新横浜駅
北口改札を出て右に曲がり『横浜アリーナ方面出口』階段を降りたらすぐ正面のビル
横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅
『出口3A』のエスカレーターを登ったら左のビル
デイリーヤマザキが1階にあります。